バイオ

2020/08/06

【バイオ】夏季実習の様子2

2年生の夏季実習では「ムラサキ」の発芽試験を行いました。

自分たちで工夫してどうしたら発芽率がよくなるか考えながら作業をしました。

今回は「塩水選」をした場合、発芽率はどうなるのか?と疑問に思いチャレンジしてみました。

Dsc00753 Dsc00759 Dsc00758

【バイオ】夏季実習の様子

3年生の夏季実習では無菌操作をおこないました。

今回は植物体の増殖培養の練習です。

真剣な面持ちで一つ一つの作業を丁寧に行っていました。

Dsc00744 Dsc00752

2020/07/27

人工授粉の勉強をしています!

バイオ専攻生は「ユリ」を教材として人工授粉の方法を勉強しています。

Dsc00671Dsc00672

使用しているユリは学校の敷地に咲いていた「ヤマユリ」とユリ園から購入した7品種の「ユリ」を使用しています。

今回は「花柱切断授粉法」という方法で人工授粉させました。

今回の花柱切断授粉法は、メスとピンセットを使い、授粉させたい個体の花柱を切断し、別の個体の花粉を花粉管につけてセロハンテープで固定し、授粉させるという方法をとりました。

Dsc00674

人工授粉が成功することを祈りつつ、日々の学習・実験も励んでいきます。

2020/07/22

色麻町のムラサキ畑に行ってきました!

こんにちは。バイオ部門です。

加美町のムラサキ畑に行ってきました。

「ムラサキ」とは、染め物の顔料、化粧品、漢方薬として利用されています。

今回は「薬」としての利用価値に着目し、加美町に依頼したところ、実際のムラサキ圃場を案内していただけました。

町長さんや加美町薬用植物研究会の人達が丁寧に説明してくれました。メディアの取材を受けたりもしました。

今後も「ムラサキ」について学んでいきたいと思います。

Dsc00660 Dsc00644 Dsc00635

2015/07/10

梅雨のはず・・・ですが。

 みなさん、こんにちは。

 加美農周辺地域では、今年は梅雨らしくないお天気が続いているように思います。確かに湿度は高めですが、思ったほど天気のぐずつく日が少なく、晴天が続いているように感じます。
 しかしマスコミの報道によると、九州あたりは雨続きの上、現在は台風が3つも発生し、現在は沖縄周辺が影響を受けているとか・・・・ なんとも複雑です。

 加美農では、今日日差しが強く、気温もだいぶ上昇中・・・ 2週間ほど前から聞こえていたセミの声も、数も音量もパワフルになっています。
 下の写真は、リンゴの写真です。現在、大きいものでは野球のボール大かそれ以上の大きさになっていますが・・・

Dscf5288

 春先の雨不足の影響か、暑さの影響か・・・Dscf5287

 早くもこのように、鳥の食害を受けているリンゴもあります。(まだ、さしておいしくないでしょうに・・・)

 場所は変わって・・・ バイオの実習風景です。
Dscf5282
 何をやっているところかというと・・・
 カーネーションの茎頂培養の為の練習です。メスとピンセットで、葉をかき分け、茎頂分裂組織を切り取ろうと頑張っています。下の写真は、カーネーションではありませんが、茎頂部分の参考写真です。大きさは、0.5mmほど。
B 2つとがっているのは葉っぱの元。よくみえませんが、その間に隠されているのが、茎頂です。植物にとって一番若い細胞の塊です。この部分を切り取って培養する練習をしています。

 最後になりますが・・・
 本日は花楽市が行われ、加美農でも出店しました。足を運んでいただいた方、大変ありがとうございました。
 今日はこの辺で。ではまた。

2014/11/14

明日、明後日(11/15,16日)、ぜひイオン古川店へ!

 みなさんこんにちは。

 急な冷え込みで、体調を崩されてはいませんか? 北海道、北東北では、雪も降っているようです。加美農でも雪になるのではないかと、ビクビクしていましたが、まだ降ってはいません。日本海側から山を越えて雲が流れ込んでくるので、冷たい雨が時々降ってきますが。

 さて、そんな寒い今日、バイオ専攻班の2、3年生は、薬莱ワサビ栽培園にワサビ苗の定植に行ってきました。遠くから望む今朝の薬莱山は、うっすらと雪化粧。寒さを覚悟して現地に向かいました。昨日、現地では、みぞれが降ったとのことでしたが、今日の定植作業中はまずまずのお天気。何とか定植を終えることができました。これから、次の定植に備え、また育苗を開始します。
Dscf4888



 Dscf4869Dscf4901













 次に、販売情報です。

 明日、明後日(11/15、16)の土日。
   イオン古川店にて、販売会が行われます。
 生徒達が、実習で育ててきた野菜やリンゴ、花などなど、加美農の生徒と沢山の農産物がお待ちしています。ぜひ、足をお運び、のぞいてみてください。

 よろしくお願いします!



Dscf4868 シクラメンの管理作業中・・・

 枯れた葉や、終わりかけの花をていねいに取り除いているところ。
 お客さんに喜んでもらえるよう、心をこめて。

Dscf4865

2014/06/05

シランの花が見頃です。

 みなさん、こんにちは。

 なんと! 例年より早く入梅の知らせが舞い込んできたようですね。先日まで、暑い&乾燥していた空気が、一気に寒い&ジメジメに・・・ 冷夏との予想も出ていますし、農作物にとっては少々心配です。

 タイトルに挙げたとおり、現在、学校の”シラン”が見頃をむかえています。ランの仲間ではありますが、寒さに強く、加美農でも戸外で立派に育っています。
 しかし、残念ながら、野生のシランは希少なのだそうです。自生のように見えるシランでも、じつは園芸品種が広がって・・・ なんてことも多いそう。

 さて、このシラン。加美農の植物バイオの実習で非常にお世話になっている植物です。ランの仲間なので、とても小さな種子ができるのですが、それを無菌操作の練習に利用します。
 その他、交配の練習にも使わせてもらっています。実際に来週、植物バイオ班の2年生がシランの交配作業にチャレンジする予定。慣れると、なかなか面白い作業です。

 今日はこの辺で、ではまた。

Dscf4126

 写真は、現在の様子。 住宅の庭に植えられていることも多いので、ご存知の方も多いと思います。
Dscf4128 シラン(紫蘭)は紫が基本ですが、白、他に青(見た事はありませんが)もあるそうです。下世話になりますが、青いシランは、園芸店で高値で販売されているのだとか・・・

2014/05/29

ワサビの苗を植えてきました。

 みなさん、こんにちは。

 1日遅れで申し訳ありませんが・・・ 昨日、薬莱山葵栽培園にわさび苗の定植に行ってきました。学校で丹精込めて育てたメリクロンわさび苗。1本1本、丁寧に植え来ました。
 収穫出来るようになるのは、約1年半後。その間、薬莱山の麓のおいしい空気と水をたっぷり吸いこんで、そして時には厳しい寒さに耐えながら、じっくりと育ちます。

 ちなみに薬莱山葵栽培園のわさびは、薬莱土産センターなどで販売されています。よろしければ、ぜひ、お手に取ってみてください。(さまざまな加工品も販売されています。他に、土産センターの裏手にはわさび茶屋もあり、わさびをつかった料理を食べることもできます。) その手にしていただいたわさびが、もしかしたら加美農で作ったわさび苗が育ったものかも?!

Dscf4114  Dscf4115Dscf4113

 

最後に。
 今週から、牧草の刈り取り作業が始まりました。除染作業が必要だったため、震災以来、初めての本格的な刈取りです。お天気にも恵まれ、今のところ順調に作業が進んでいます。

 今日はこの辺で。ではまた。


2014/03/02

卒業式。早いものです。

 みなさん、こんにちは。

 昨日、3月1日。加美農でも卒業証書授与式が行われました。まだまだ若い生徒達。これからの活躍を期待します!

 さて、農場ではそろそろ春、さらには夏・秋を思い、作業が進められています。

Dscf3819 こちらは施設野菜ハウス内の”イチゴ”。昨年に引き続き、今年も栽培していました。去年と比べ、形も美味しさもランクアップ! 栽培技術に磨きをかけています。


 そして、こっちはトマトの苗。定植も間近・・・・
Dscf3822

 もちろん、露地野菜ハウス内でも、野菜の苗作りが始まっています。

Dscf3828_2
 種は・・・
 ピーマンを切ると沢山入っているので、みなさん、見たことはありますよね?!




 こちらはネギです。
 土の上に出てくるとき、二つ折りで出てきます。ある程度伸びると、写真の真ん中の芽のように、上を向きはじめ、最後には、”ピンッ”とまっすぐになります。
 ネギの種まき、ちょっと面倒です。朝顔の種を小さくしたような形の種。まるい種に比べるとちょっとまきづらいのです・・・Dscf3829
 
 最後にこちら・・・Dscf3814
 雑草?! ではありません。早春に咲く花、ワサビの花です。
 天気予報によると、また寒さが戻ってくるようですが、確実に春が近づいてきていることを教えてくれているようですね。

 今日はこの辺で。ではまた。

2013/03/29

わさびの定植に行ってきました。

 みなさんこんにちは。

 本日、新3年生のバイオ専攻班は、春の実習でワサビの定植に行ってきました。

 ワサCimg1088ビの定植は、その性質から春と秋の2ヶ月程度が適期となります。その絶好のシーズンに、自分たちが育てた苗を、実習で定植をしない手はありません。苗を積み込み、いざ、山葵の圃場へ!


Dscf2832_2 ワサビを定植する圃場は、もちろん、”薬莱山葵栽培園”です。学校からものぞめる薬莱山のその麓、圃場近くの田んぼには、まだ、こんな具合に残雪も・・・
 


 Cimg1093_2しかし、本日の天気は暑くも無く、寒すぎもせず。(杉の花粉は降り注いでいたようでしたが・・・) 定植を行うにはまずまずのお天気でした。
 海老のように腰を曲げて約5時間、一生懸命作業をして、なんとか終了。定植が終わる頃には、始めた頃のぎこちなさも無くなり、なかなか良い手つきで植えていました。今回、加美農で育てたメリクロンワサビ苗(2,192本)をすべて植え、最後に記念撮影。


Cimg1094
 このワサビが収穫されるのは約18ヵ月後。きれいな水と空気を吸い込んで、じっくり育ちます。すべての苗が、立派に育ちますように。

 ではまた。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック