無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012/07/28

本日、中学生一日体験入学が催されました!

 こんにちは。

 本日は、中学生の一日体験入学(オープンキャンパス)が行われました。
 事前に申し込まれていた方々(中学生90名+保護者30名=合計120名)が来校されました。内容は・・・

 学校の説明、寮生活の説明&見学、体験学習です。
 体験学習は、農業科では4コース(地域農業コース、畜産コース、グリーンライフコース、ナーセリーコース)を設定。農業機械科は2コース(自動車整備、機械工作)、生活技術科は1コースで、それぞれ希望するコースの体験学習に参加されていました。

 各コースとも趣向を凝らし、トラクターの運転をしたり、子豚の観察、ジャガイモを収穫&試食、ガス溶接、いちご白玉を作って・・・などなど、ちょっと聞いただけでも、参加してみたいと思う内容でした。

 真夏の日差しが照りつけ、厳しい暑さのなか、参加者全員、とても楽しく、興味を持って参加していたように思います。加美農の”良さ”が伝わっていると良いなと思います。
(残念ながら、写真の撮影はしなかったので、文章のみです。ご容赦を。)


 さて、文章のみだと寂しいので、ここからは写真を!

 今回はこちら。
 「食べたことはあるけれど、花は見たことない!」といった方がほとんどだと思います。

Dscf2198_3

Dscf2197_2 和名は”チョウセンアザミ”。アーティチョークの名の方が、なじみがあるかもしれません。大きさは、大人の握りこぶしよりも大きく、ソフトボール位??(可食部は、かなり少ないです・・・)
 

 お次はこちら。
  
Dscf2201_2

Dscf2203_2 オオバギボウシです。春先に山菜で”ウルイ”といわれて売られているので、よく見かけると思います。
 園芸では、”ホスタ”といわれて販売されています。(園芸品種は、斑入り等、様々あります。同じギボウシの仲間なので食べることも可能ではないかと思いますが、苦い、えぐい等、美味しくないかと・・・ 試す勇気はないので、本当のところはわかりませんが。)




 最後にこちら。
Dscf2210_3
 スウィートバジルです。
 パスタで、バジリコソースなどで使われます。和名は”メボウキ”と言うそうです。日本には最初、目の汚れを取り去る漢方薬として入ってきたのだとか。面白いですね。
 ちなみに、種は水を含むと、乾燥状態の30倍に膨らむそうで、ダイエット補助食品に利用されています。薬の量販店で見かけたことがある方も多いのでは?

 写真中央、ちょっと見にくいのですが、花穂が見えます。ご存知かもしれませんが、見つけたら、つまんで取り除くようにすると、長い期間、生のバジルが楽しめます。


 以上の写真、すべて、施設野菜部門の圃場にて撮影させていただきました。今年、ハーブ類を色々作っているんです。他にもあるのですが、今回はこの辺で。

ではまた。

2012/07/22

やっぱりかわいいです。(うれしかったので、豚づくし)

 こんにちは。

 ここ数日、とても涼しい(寒い?)日が続いています。先日まではとても暑かったので、ちょっと一息。(あまり気温が低すぎるのも困りものですが・・・)

 さて、記述者。本日、日直で家畜の飼養管理や、野菜や草花の苗の水やりなど行っていました。すると・・・ 豚の分娩が始まりました。(昨日(7/21)が分娩予定日だったのですが、まだ生まれていなかったのです。) 
Dscf2180_2
 これが、その仔豚たち!

 背中の番号は、産まれてきた順番です。




 この時点で、残念ながら、4頭死産でしたが、10頭は無事に産まれました。
 ということで・・・・ 14頭、おなかの中に居たことに。
 また、このお母さん。今回で7回目の分娩。1回当たり、約10頭産んでいます。ということは、子供の数は70頭! すごいの一言です。
 

Dscf2179
 どうです?
 かわいいと思いませんか?






 ちなみに産まれたばかりの子豚の体重はというと、約1~1.5kg位。ところが、約6ヶ月後には、100kg以上にも!

Dscf2181

 おっぱいを飲みつかれたのか、ちゃっかり、兄弟の上でお休み中・・・

Dscf2182
 今週末(7/28(土))は、中学生一日体験入学があります。もしかしたら、畜産コースを希望している方々も、これを見ているかもしれませんね。その方たちは、この仔たちに触れ合えると思いますので、お楽しみに。
 ちなみに・・・ 黒豚(バークシャー種)も分娩予定が過ぎています。明日の朝あたり、産まれるかも。バークシャー種もまた、”めんこい”んです。

 ではまた。

2012/07/13

久々に実習風景 2。

 こんにちは。
 九州・・・ 大雨の被害、声も出ません。今までに無い雨量と報道されていますが、何度も聞かされた「想定外」という言葉。自然の力の前では、想定外なんてことはありえないものだと、つくづく感じます。
 この大雨、早く収まり、早く復旧活動が進められることを祈ります。

 さて、まずはこちらの画像。
Dscf2120
 本校敷地内に自生している、ヤマユリの花です。今年は少し遅いようですが、見事な花を見せてくれました。
 まだ咲きはじめで、これからしばらくは生徒・職員の目を、そして鼻(?)を楽しませてくれるでしょう。

 それにつられて、というわけではないのでしょうが、夏の代名詞とも感じられる花、こちらも咲きました。Dscf2117
 数日前から、セミの声も聞こえてくるようになりました。また、ヒマワリの花も咲くと、いよいよ夏本番だと感じます。


 さて、本題に。まずは、畜産部門・・・・
 夕当番は、搾乳のお手伝い。Dscf2111_2


 なかなか手つきがよくて、牛も安心しているようです。









 次は、施設野菜の実習場所へ。

 すると・・・
Dscf2113_3 土をつめて・・・









Dscf2114_2

 なにやら、土をつめたポット使って作業をしています。
Dscf2115 
 今日は、イチゴの苗を作る為、ランナーを土をつめたポットの上に誘導していました。
(手元がよく見えなくて申し訳ありません・・・・)
 来年のイチゴを収穫する為、今から準備です。美味しいイチゴを採る為に、今が頑張り時です。

 この地域でも、梅雨明け前のぐずついた天気が続いています。人も湿気と暑さでまいってしまいそうですが、牛や豚も暑くてグターっとしています。梅雨明けが待ち遠しいこのごろです。

 では、この辺で。

2012/07/04

久々に実習風景。

 こんにちは。
 九州あたりでは、大雨による被害が出ている報道されています。家屋の土砂災害等も多々発生していることから、生活環境としても大変だと思うのですが、やはり、農業関係の損害がとても気になります。大震災の報道で、新燃岳の話はさっぱり聞こえてこないのですが、まだまだ、活動&土石流に警戒が必要だと思います。  などなど、心配くらいしかできないのですが、本当に、被害が最小限で食い止められることを祈ります。

 さて、話が脱線してしまいました。そろそろ本題に・・・・

 まず、ちょっと、「お!」と思ったので、この写真から。

Dscf2084 オニヤンマの羽化を発見!
 出てくるところは見ることができませんでしたが、木につかまり、羽を乾かしていました。
 まだ、黄色と黒の縞模様がはっきりしていません。もう数時間、乾かさなければならないのでしょう。



 
 オニヤンマは朝の話でしたが、ここからは、夕方の実習当番の様子です。(7/3(火)の様子。)
 まずは、作物から。

Dscf2085  トラクターの後ろに乗って移動です。(なかなか、経験できないですよね。)
 後で聞いてみると、石を拾いに行ったのだそうです。


 次は、機械。Dscf2086_2

 乗用草刈機で草を刈っていました。初めて使ったので、上手く操作できず、本人も

「肩掛けの草刈機で刈った方が早い!」

なんてことも、話していました。

Dscf2087_2





 
 




 

 次に、露地野菜。
Dscf2088 大根洗いをしていました。

 立派な大根! たわしで軽くこすって、泥を落としていました。

 この大根は、漬物加工用として出荷するそうです。

 もしかして、知らないうちに、加美農の大根を口にしている方も、居るかもかもしれませんね。


 さて、これは今日(7/4(水))のこと。

 肉豚の出荷中、少しお邪魔をさせていただきました。
Dscf2091_3 左の写真、2種類の毛の色が違う豚が居ますが、通常豚肉として口にすることが多いのは、白い豚の豚肉です。(3元交配をした豚でLWD種です。)
 茶色の豚は、しもふりレッドという銘柄で販売される豚肉用の肉豚です。(純粋種で、D種です。)
 ※ L : ランドレース種、W : 大ヨークシャー種、D : デュロック種 です。


Dscf2093_2
 ちょっとかわいそうですが、こんな風に、トラックに載せられて運ばれていきます。




 大事な命を”いただく”事を忘れずに、残さず、そして美味しく食べたいものだと思います。




 では、今日はこの辺で。 

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »