« 実習当番が始まりました。 | トップページ | よしよし、いい仔だ!! »

2012/04/13

いよいよ、イネの種まき作業です。

Dscf1762

 つい先日まで、農場の片隅に残っていた雪もいつの間にか消え、もう、フキノトウも花を開かせ始めました。

 そんな春の訪れを感じさせる中、今日(4/13)、農場では一回目のイネの播種が行われました。

Dscf1754_2
本校でも、機械を使ってイネの種もみの播種作業を行います。
 育苗箱に土を詰め、薬をまき、水かけ・・・・


Dscf1753_2
 そして右の写真のように、種もみをまいてくれます。
 この後、上に土をかけ(覆土といいます)するまでを、機械でやってくれます。
この機械、1時間で400枚の育苗箱に種まきをしてくれるそうです。とっても働き者です!

 種まきが終わった育苗箱は、下の写真(ちょっと見づらいですが25枚重ねています)のように重ね・・・・
 3日間、保温します。すると芽が出てくるのですが・・・ その様子はまた後日!

 ちなみに、真ん中の赤くて丸いものはドラム缶を加工したものです。ここに水を入れ、ヒーターで温めることで、この部屋(”むろ”といいます)を、約30℃の温度と、高い湿度を保ちます。Dscf1755_3


 さて、場所は変わって。機械工場に目を移してみましょう。工場では、農業機械科の生徒たちが実習をしていました。さてさて、なにを・・・・?
Dscf1758
 ガソリンエンジンの勉強をしていました。写真は、古い車のエンジンなのだそうです。みんな、一生懸命頑張っています。


 次に果樹園をのぞいてみました。するとニューフェイスが!
Dscf1751_4
 新しいリンゴの苗を植えてありました。品種の名前は”秋陽”。お母さんとお父さんは、”陽光”と”千秋”という品種なのだそう。
 真っ赤で甘酸っぱく、とてもおいしいリンゴとの事。残念ながら、今年はまだなりませんが・・・ 将来が楽しみですね。

« 実習当番が始まりました。 | トップページ | よしよし、いい仔だ!! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ、イネの種まき作業です。:

« 実習当番が始まりました。 | トップページ | よしよし、いい仔だ!! »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック